【光本さんも推奨】チャレンジと活躍ができるベンチャー企業

「ベンチャー企業で働きたい」
「ベンチャー企業とスタートアップ企業ってどう違う?」
「光本勇介さんの実績を知りたい」

テレビや雑誌などでベンチャー企業という名称はよく聞くけれど、実際にどうのようなものなのか詳しくは知らないという人も多いかもしれません。
企業には様々な形態が存在しており、ベンチャーと呼ばれるこの形態は比較的新しいものです。
こうすればベンチャーと呼ばれる、この業界であればベンチャーなど明確な決まりはありません。
しかし新しい形式でビジネスに挑戦する企業について呼称されることが多く、従来とは異なる雰囲気や体勢を備えていることもあります。

光本勇介さんも推すベンチャー企業とは

それではベンチャー企業とはどのようなものなのでしょうか。
ベンチャー企業とは独自のアイディアや活動方針でビジネスを展開している企業のことで、画期的かつ新しいサービスや商品を提供しているのが特徴です。
既存の企業が新しいアイディアを取り入れて経営を行ったとしてもベンチャー企業と呼ばれることはほぼないため、あくまで新規で立ち上げた企業が斬新なアイディアにより躍進を続ける様子を表した言葉と言えるでしょう。
これから世界に羽ばたいていく、業績を伸ばしてどんどん成長していく様子が見て取れるのもポイントです。
一般的にベンチャーとして定着しているこれらのイメージの他に、ベンチャーキャピタルをはじめとした財政機関から投資を受けている例が多いのもこれらの企業の要素です。
新規立ち上げにより資金が潤沢とはいえない企業はベンチャーキャピタルなどから投資を受け、自らの業績を伸ばすための糧とします。
その企業が該当するのかどうかを見分けるための一つの要素に、ベンチャーキャピタルからの投資が挙げられるでしょう

スタートアップとベンチャーの違いについて

ベンチャーと似たような言葉にスタートアップがあります。
どちらも新規で会社を立ち上げ、既存とは異なる斬新なサービスを展開するといった点では似た存在です。
しかしスタートアップは短期間でビジネスを拡大されていく傾向が強く、ベンチャーではあるものの少し傾向が異なります。
短期間で目覚ましい成長を遂げている企業はスタートアップとして分類され、長期にわたって成長を目指す一般的なベンチャーとは異なることになります。
また、少人数で始まることが多いベンチャー企業は中小企業とも比較される存在です。
しかし中小企業は資本金や所属している人数によって明確に決定付けられるため、すべての中小企業がベンチャーであるとは言い切れないでしょう。
昔から名のしれた企業であっても実は資本金や従業員数は少なく、扱いとしては中小企業となることも少なくはないのが特徴です。
中小企業だからといって侮ることはせず、内容や業績を見ることが重要になります。

ベンチャー企業にはどのような人が向いているのか

それではベンチャー企業にはどのような人が向いているのでしょう。
安定した業績と歴史を持つ会社とは違い、働く場合には社内一丸となってこれら成長していくことを求められます。
社員数が少ないことから1人あたりの仕事量が多いこともあり、何でも自分でやってやろうと気概をもっていることが好ましいでしょう。
楽しみながら様々な仕事に取組むことができればより早く成長を遂げられ、後に入社してくれる後輩社員の見本となることができます。
任せられる仕事の範囲が広いため、困難に打ち勝ちながら他よりも早く成長することができるようになっています。
これまでになかったサービスに関わりたい、従来とは異なる商品の魅力を発信していきたいといった場合にもおすすめです。
関わることになるのは新しいサービスであり、これまで消費者が見たことがなかった商品です。
自分が扱う商品に自信をもち、その良さを伝えていきたいと考えてる人に最適です。
自らがサービスや商品の魅力を実感することで、さらに伝えやすくなるでしょう。

自分もこれから起業を考えているといった場合にベンチャー経験は役立つ

自分もこれから起業を考えているといった場合には、将来的に参考にするためにもベンチャーでの仕事が役立ちます。
独立した際にはどのような点に注意をすればいいのか、どうやって仕事を進めていけばいいのかなど学べることは数多くあります。
同じような志を持つ仲間と一緒に活動することで、起業への熱意をより高めることもできるでしょう。
働きながら作った人脈は年を取っても崩れることはなく、頼りになる伝手となってくれるはずです。
せっかく働くならできるだけ高い給与を得たい人にも、社員数が少ないことから評価されやすく、給与が高く設定されていることが多いベンチャーがおすすめです。
働いている人数が少なければ競争相手も減り、成績や結果を残しやすくなります。
スムーズに昇格ができればその分だけ高い給与を得ることも可能です。
自ら動き、周りと一緒に会社を盛り上げていく気持ちがある人はベンチャーに最適です。

まとめ

他とは違うことをしてみたい、新しい仕事にチャレンジしたい、商品の魅力を世界に伝えたいといった気持ちが働く動機になるでしょう。
チャレンジ精神を存分に発揮しながら活躍することができます。
社員の平均年齢が若い会社も多いため、若い人が馴染みやすいのも特徴となっています。

光本勇介経歴