エステサロンは自分に合ったところを吟味しよう

「エステサロンの求人を探している」
「たかの友梨さんのエステの評判ってどう?」
「エステサロンの探し方を知りたい」

エステサロンでの就職を考えている場合、エステティシャンの資格を持っていなければならないと思われている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
就職して経験を積みながら勉強をしつつ、資格を取得するという方法もありますので、始めから敷居が高すぎると萎縮する必要はないのです。

【PR】たかの友梨ビューティクリニック 自由が丘店のエステティシャン(東京都世田谷区)の求人・募集情報
たかの友梨社員 口コミ

大手サロンだからいいということは言い切れない

エステサロンの求人を探してみると、大手のサロンから個人の小さなサロンまで様々ありますし、近年では女性だけが対象ではなく、男性を対象としているサロンも非常に増えています。
例え小さなサロンであっても、特別力を入れている施術があったり、経営の方法など学べるものはたくさんあります。
大手だからいいということは言い切れませんので、視野を広く持って就職活動を行うようにするようにしてみましょう。
就職先を探すのになかなか見つからないということはありませんので、安心して色んなところを見比べて吟味するようにすると、失敗しません。

たかの友梨ビューティクリニックの強み

自分が働きやすい条件を細かく出しておく

もちろん雇用の条件というのは、お店によって違いがあります。
まずは自分が働きやすい条件というのを、細かく出しておくのがおすすめです。
面接の時に自分の条件を伝えておかなければ、いざ働き出してみると、労働時間や残業など自分が思っていたのと違うということになってしまい、サロンの経営者や同僚との人間関係もぎくしゃくしてしまうことにもつながってしまいます。
就職後のトラブルを回避するという意味でも、事前にどういった条件で働きたいのかということはしっかり明確にしてサロン側に伝えておくことが重要なポイントと言えます。

エステサロンで自分が何をしたいのかを明確にしておく

同じく重要なのが、エステサロンで自分が何をしたいのかということを明確にしておきましょう。
漠然としていて具体的なことは分からないという場合でも、目標を立てておくことで、自分を見失わずに働くことができます。
また、その目標は途中で変化してもいいのです。
働くうちに自分の目指す道が見えてくる場合もありますので、常に自分はどうなりたいのかということは考えておいて損はありません。
エステサロンの求人を探すにあったて、求人サイトを使うのが手っ取り早いですが、その中でも自分に合うところかどうかというのは分かりにくいです。
まず、どんなところなのかを、働いている人自身の口コミ評価だけでなく、利用している人の口コミ評価からも分析をしてみましょう。

自分自身がサロンに顧客として来店してみる

自分もこんなところで働いてみたいと思えるようなお客様からの言葉があればいいですが、スタッフの態度や対応に対してクレームが多い場合、それを全て鵜呑みにするのも問題ですが、それだけクレームが多いということは少なからずサロンやスタッフの質が低い可能性があるということを頭の隅に置いておく必要があります。
おすすめの方法として、自分自身がサロンに顧客として来店してみるというのもおすすめです。
自分の目で細かく観察して雰囲気を体感したりスタッフの対応や質を、自分なりに分析してみることで自分に合うサロンかどうかを見極める方法につながります。
就職活動の際に、面接は人となりを見るのに重要視されていますが、エステサロンにおいても同じことが言えます。
特にお客様との接客が主ですので、丁寧で明るくお客様を不快にさせないコミュニケーションをとることが出来るか、というところは良く見られています。

独立や開業のサポートをしてくれるサロンを見つける

ですから、普段から言葉遣いに気を付けたり、明るく受け答えをする、目を見て丁寧に話を聞くといったことに気を遣うようにしておくことがおすすめです。
離職率の高い職業でもありますので、店が自分に合わないとか、自分の思うような施術が出来ない、人間関係が複雑で仕事どころではないといった理由でやめる人は非常に多いです。
さらにある程度働いて知識をみにつけたので、独立して自分だけのお店で自分のこだわりの施術をしたいという人も出てきます。
独立や開業を後々考えているという人も多いのではないでしょうか。
その場合は、独立や開業のサポートをしてくれるサロンを見つけるというのもおすすめです。
求人サイトを利用するだけでなく、情報誌やハローワークなどを利用する方法ももちろんありますが、ハローワークなどで探すよりもサイトや情報誌の方が最新の情報がどんどん入ってきますので安心です。
エステサロンの業界では、年齢の若いスタッフが多いなと感じますが、実際求人の年齢も制限があるケースが多いため注意が必要です。
もちろん店舗によっては年齢に関係なく、店に合った人を採用するというところもありますが、中には20代に限定していたり、20代前半は大丈夫でも20代後半は受け付けていないというところもあります。

まとめ

年齢による制限で自分が本当に働きたいと思っている職業につけないかもしれないというのは悲しいことではありますが、それも現実にあることとして理解しておきましょう。
ですから求人を探す際には、年齢も注視して自分に合ったサロンを探すようにするのがおすすめです。

Continue Reading …

【最新版】滋賀県長浜市とはどのようなところか

「長浜市に旅行を計画している」
「長浜市の観光スポットを知りたい」
「ベンチャーサポート長浜大氏ってどんな人?」

日本にはたくさんの魅力的な市町村が存在しています。
その中でも、地味に魅力的なのが長浜市と呼ばれるところです。
この長浜市は、滋賀県にあり滋賀県には中心部に琵琶湖があるわけです。
この琵琶湖の北側にある市町村の1つが長浜市と言うわけです。

長浜ラーメンでも有名

山などに囲まれているわけではありませんが、近くには伊吹山といった大きな山があります。
ちょうど東側を向くと伊吹山がそびえ立っているでしょう。
地域は雪が多く、伊吹山を眺める時も大抵山の山頂付近に雪が降っています。
冬であればほぼ確実に降っていると言えるでしょう。
長浜と言えば、長浜ラーメンでも有名なためラーメン好きならばいちどは聞いたことがあるかもしれません。
この地域で開発されたラーメンが、日本中に広まっており商品化されているのが特徴です。

観光地としても人気のある長浜市

それ以外でも、観光地としても人気のある場所になるかもしれません。
この周辺は、直接日本海に接しているわけではなく日本海には近いものの残念ながら滋賀県には海が存在しません。
すぐ上が福井県にありそこまで行くと日本海に出ることができるかもしれませんが、長浜市からは海を眺めるのも難しい状況です。
とは言え、観光地としては有数の場所として知られており、もし琵琶湖周辺による場合にはいちど訪れてみるのが良いかもしれません。
この周辺の観光といっても、子供向けのものはほとんどありません。
例えば家族で旅行する場合も、小学校高学年位ならば楽しめるかもしれませんが、それより小さい未就学の子供などを連れている場合は、そこまで有名なところはないです。

豊臣秀吉の時代に建造された長浜城

逆に、小学校高学年以降あるいは大人といった観光客が行く場合は、長浜城と呼ばれるところが魅力的です。
この長浜城は、豊臣秀吉の時代に建造されたお城の1つになります。
豊臣の時代は、戦国時代と言われている事は有名ですが、戦いの拠点であったことは間違いありません。
まだ織田信長が天下を統一しかけている頃、この辺で争いがよく起こっていました。
ところが豊臣秀吉の時代になると、次第に関東のほうに近づいていき、東北から関東にかけてを制圧した後は天下を統一したと言う形になったわけです。
この時すでに長浜城はそれほど重要な拠点として存在していたわけではありませんが、それ以前の時代は特に重要な拠点でした。
現在でも、それを伺う出るような雰囲気があります。

お城の天守閣からは街並みを眺めることができる

山城の1種で、お城の天守閣からは街並みを眺めることができます。
これが山城の特徴の1つと言うかもしれません。
春になると、お城の中にある公園にはたくさんの桜が咲きます。
天守閣の頂上から眺める桜の風景は非常に美しく、周辺の景色と重なり、記念に残ると言っても良いかもしれません。
そのため旅行するならば、3月の終わりから4月の初め位が良いかもしれません。
とは言え、この地域にはいくつか乗り越えなければいけない問題があります。
旅行客で言えば、冬の寒さに耐えなければいけません。
日本海側であっても、そこまで気温は低くないものの氷点下になることも少なくありません。
3月ぐらいになると氷点下の日は少なくなりますが、1月等は1年のうちで最も砂漠しかも降水量が多いのが特徴です。

大陸から湿った空気は雪を運んできて大雪を降らせる

日本海に面していないものの、気候的には日本海側の気候になり、冬場は大陸から湿った空気がやってきます。
大陸から湿った空気は雪を運んできて大雪を降らせるのがこの地域の特徴になります。
新潟県や富山県などで雪が多い理由は、北から流れてくる湿った空気のせいでしょう。
ちなみにこの空気は、そのまま南のほうに向かいますが、日本には北アルプスや中央アルプスといった背の高い山があり、そこに湿った空気がぶつかり大雪を降らせますが、それより南側には風だけが流れていきあまり雪が降らないのが特徴です。
いずれにしても、冬場は大雪になる可能性があるため、もし自動車で観光する場合にはスタッドレスタイヤ等が必要です。

レンタカー会社で自動車を借りる場合

レンタカー会社で自動車を借りる場合も、スタッドレスタイヤ装着のものに加えて4輪駆動のものが用意されていることがあるかもしれません。
坂道が多い場所になりますので、油断しないように注意しなければいけないです。
この地域に住む場合には、市街地に住んでいれば買い物などで困る事はありません。
風光明媚な場所として知られており、四季折々の季節を楽しむことができます。
自然がたくさん残されているのも特徴で、子育てをする場面では良いかもしれません。
また都会の喧騒から離れて暮らすにも、魅力的な場所になります。
とは言えやはり冬場は雪が降るため、雪の対策が必要です。
観光客以上に地元の人は、朝仕事に行く時に自動車を使う傾向がありますが、この時雪かきなどをしなければならないことが多く、その点は覚悟しなければいけないところかもしれないです。

まとめ

大きな市街地に出るならば、少し遠いですが大津のほうに出るか京都などが良いかもしれません。
日本海側ならば、福井市などは自動車があれば行きやすいです。

ベンチャーサポート 長浜大

Continue Reading …

【光本さんも推奨】チャレンジと活躍ができるベンチャー企業

「ベンチャー企業で働きたい」
「ベンチャー企業とスタートアップ企業ってどう違う?」
「光本勇介さんの実績を知りたい」

テレビや雑誌などでベンチャー企業という名称はよく聞くけれど、実際にどうのようなものなのか詳しくは知らないという人も多いかもしれません。
企業には様々な形態が存在しており、ベンチャーと呼ばれるこの形態は比較的新しいものです。
こうすればベンチャーと呼ばれる、この業界であればベンチャーなど明確な決まりはありません。
しかし新しい形式でビジネスに挑戦する企業について呼称されることが多く、従来とは異なる雰囲気や体勢を備えていることもあります。

光本勇介さんも推すベンチャー企業とは

それではベンチャー企業とはどのようなものなのでしょうか。
ベンチャー企業とは独自のアイディアや活動方針でビジネスを展開している企業のことで、画期的かつ新しいサービスや商品を提供しているのが特徴です。
既存の企業が新しいアイディアを取り入れて経営を行ったとしてもベンチャー企業と呼ばれることはほぼないため、あくまで新規で立ち上げた企業が斬新なアイディアにより躍進を続ける様子を表した言葉と言えるでしょう。
これから世界に羽ばたいていく、業績を伸ばしてどんどん成長していく様子が見て取れるのもポイントです。
一般的にベンチャーとして定着しているこれらのイメージの他に、ベンチャーキャピタルをはじめとした財政機関から投資を受けている例が多いのもこれらの企業の要素です。
新規立ち上げにより資金が潤沢とはいえない企業はベンチャーキャピタルなどから投資を受け、自らの業績を伸ばすための糧とします。
その企業が該当するのかどうかを見分けるための一つの要素に、ベンチャーキャピタルからの投資が挙げられるでしょう

スタートアップとベンチャーの違いについて

ベンチャーと似たような言葉にスタートアップがあります。
どちらも新規で会社を立ち上げ、既存とは異なる斬新なサービスを展開するといった点では似た存在です。
しかしスタートアップは短期間でビジネスを拡大されていく傾向が強く、ベンチャーではあるものの少し傾向が異なります。
短期間で目覚ましい成長を遂げている企業はスタートアップとして分類され、長期にわたって成長を目指す一般的なベンチャーとは異なることになります。
また、少人数で始まることが多いベンチャー企業は中小企業とも比較される存在です。
しかし中小企業は資本金や所属している人数によって明確に決定付けられるため、すべての中小企業がベンチャーであるとは言い切れないでしょう。
昔から名のしれた企業であっても実は資本金や従業員数は少なく、扱いとしては中小企業となることも少なくはないのが特徴です。
中小企業だからといって侮ることはせず、内容や業績を見ることが重要になります。

ベンチャー企業にはどのような人が向いているのか

それではベンチャー企業にはどのような人が向いているのでしょう。
安定した業績と歴史を持つ会社とは違い、働く場合には社内一丸となってこれら成長していくことを求められます。
社員数が少ないことから1人あたりの仕事量が多いこともあり、何でも自分でやってやろうと気概をもっていることが好ましいでしょう。
楽しみながら様々な仕事に取組むことができればより早く成長を遂げられ、後に入社してくれる後輩社員の見本となることができます。
任せられる仕事の範囲が広いため、困難に打ち勝ちながら他よりも早く成長することができるようになっています。
これまでになかったサービスに関わりたい、従来とは異なる商品の魅力を発信していきたいといった場合にもおすすめです。
関わることになるのは新しいサービスであり、これまで消費者が見たことがなかった商品です。
自分が扱う商品に自信をもち、その良さを伝えていきたいと考えてる人に最適です。
自らがサービスや商品の魅力を実感することで、さらに伝えやすくなるでしょう。

自分もこれから起業を考えているといった場合にベンチャー経験は役立つ

自分もこれから起業を考えているといった場合には、将来的に参考にするためにもベンチャーでの仕事が役立ちます。
独立した際にはどのような点に注意をすればいいのか、どうやって仕事を進めていけばいいのかなど学べることは数多くあります。
同じような志を持つ仲間と一緒に活動することで、起業への熱意をより高めることもできるでしょう。
働きながら作った人脈は年を取っても崩れることはなく、頼りになる伝手となってくれるはずです。
せっかく働くならできるだけ高い給与を得たい人にも、社員数が少ないことから評価されやすく、給与が高く設定されていることが多いベンチャーがおすすめです。
働いている人数が少なければ競争相手も減り、成績や結果を残しやすくなります。
スムーズに昇格ができればその分だけ高い給与を得ることも可能です。
自ら動き、周りと一緒に会社を盛り上げていく気持ちがある人はベンチャーに最適です。

まとめ

他とは違うことをしてみたい、新しい仕事にチャレンジしたい、商品の魅力を世界に伝えたいといった気持ちが働く動機になるでしょう。
チャレンジ精神を存分に発揮しながら活躍することができます。
社員の平均年齢が若い会社も多いため、若い人が馴染みやすいのも特徴となっています。

光本勇介経歴

Continue Reading …

建設業界のDX化のしくみについて

建設業界のDX化の仕組みについては、建設業にデジタルトランスフォーメーション業務のデジタル化という考えを取り入れようというものです。
デジタルトランスフォーメーションは、DXと建設業界では呼ばれていて簡潔に言えばデジタル化したデータにて建築を行うという考えで旧来においては紙面で必要な書類やデータを保存するという考えから進化した考え方になります。
この進化の利点は、ビジネスをオンライン上で済ませることにあり、多くのお仕事を遠隔地でも引き受け建設を産業としている支部にお仕事を引き渡すことです。

ブラニュー株式会社が考える建設業界のDX

この仕組みは、単純に考えると建設業界に関係する別の業界とも連携をとることができる点にあり、建築用の素材を作り出す業界とオンライン上でつながり、建築現場で生まれたニーズを素材を扱う会社が即座に反映し新しい素材を作り出すことを可能とします。
そのうえで、建築においては従業員の安全性の問題というものがあり、例えば高所で作業を行う従業員の安全をネットワークで担うということもDX化が進めば可能です。
例をあげますと、ドローン産業を用いて高所の写真の撮影を可能としたり、ドローン自体に物資の運搬が可能となるよう研究を進めると建築にドローンを用いて高所作業をサポートさせることができるのです。
特に高所で作業を行う場合、人間が作業を担うのとドローンのように機械が業務を担うのであればどちらが安全であるかという議論になればドローンを高所作業員にした方が安全であると言えます。
こうした別の産業と、建築業を融合させるという考えがDX化の仕組みです。
(参考→ブラニュー採用

人手が不足しているという問題

そのうえで、建設業界のDX化の課題について解説をしますと現段階においては機械化を行い作業を人間ではなく機械に置き換えるにおいてはまだ、人手が不足しているという問題です。
これは、機械化を行うプログラマーの存在やエンジニアの存在が少ないということを指します。
つまり、建築業で働く従業員は多くドローンのような産業を扱う従業員は多くとも、それら2者を結び付け別の産業を作り出す従業員がいないということです。
この問題については、プログラマーを育て上げかつエンジニアの育成に力を入れる必要性があるのですが、それと同時に建築業側もプログラマーを育て上げドローンプログラムを可能とするか、ドローン自体を改良して産業ドローンに作り替える従業員を育て上げるかという問題です。
というのも、エンジニアが建築関係のお仕事を経験したことがあるのであれば即座にエンジニアは産業に自分のノウハウを用いてドローンなり、建築物資の運搬作業ロボットなどを作り出せますが建築のノウハウがない場合、現場で活躍している建設業の作業員からお話を聞きだし産業化しなければなりません。

建築業のデジタル化は進まない

よって、産業化をするということは、建設業界側もエンジニアやプログラマーを育て上げる必要性があるというのが現状のDX化になります。
なので、人材育成に余裕がある建設業界であれば人材を育成してエンジニアやプログラマーを育て上げることができますが、そうではない事業者には建築業のデジタル化は進まないと思われます。
この建築業のデジタル化ですが、急速にこのデジタル化という考えが普及して産業用ロボットを活用しようと考えたのは日本の場合、労働者不足が影響しています。
特に、建築においては大勢の人が一つの建設物に対して関わりを持ちますので労働者が不足してきた場合については、機械に労働者を置き換えようという考えにシフトしていきました。
労働者をAIに置き換え危険な作業を担わせた場合、人間と異なり労災という概念がなくなりますので雇用者側も従業員に対していざという場合に備える保険や危険な作業を行わせたという事実が延々と残らないという利点があるのです。

旧来の非デジタル化したやり方のデメリットとは

逆を返すと、旧来の非デジタル化したやり方では労働者の獲得は保険やいざというときの保証でしか人材を集めることができないのでより良い保証を受けられる建築事業者に人材は移るのです。
そうした観点から、建築事業のデジタル化は事業者時代に利点があり、人材の確保においては危険行為を産業ロボットに任せロボットを操作するのは人間になるので従業員は安全なところで作業を担えるということになります。
今後、建設業におけるデジタル化については日本の場合労働者が不足するという観点から増えると言われており、従業員側に求められるのは、建設をサポートする器機を扱うだけの技量があるかどうかになると思われ、従業員に課せられるのは産業用ドローンを扱えるかや、産業用ロボットを扱ったりメンテナンスを行えるかが問われると思われます。

まとめ

そのうえで、昔ながらの職人という存在も、産業用のロボットやドローンを扱い自分たちの職務に役立たせるようになると言われていますので、建設業においてデータ化された情報を扱い自分たちのお仕事に役立たせるのは今後も日本では増加するというのが私個人の結論になります。

関連記事
建設業における動向と課題とは?

Continue Reading …

冷静に話し合いたい原発問題をアトックスとともに考える

日本のエネルギー政策を語る上で、原発問題は切っても切り離せません。
日本で原子力発電所は、クリーンなエネルギーと信じられてきました。
石油や石炭を使う火力発電所とは異なり、環境に負荷をかけないクリーンなエネルギーとして普及し、全国各地に発電所も建造されました。
環境への負荷も少ない、石油や石炭をほぼ産出できない日本においては夢のエネルギーとして、エネルギー政策の中心に据えられてきたのです。
しかし東日本大震災の発生により、原子力発電所に対するイメージは一変しました。
東日本大震災により発生した津波の影響により、福島第一原発は機能を停止し放射性物質が流出しました。
流出した放射性物質は、周辺の環境を汚染していきます。
原発関連会社のアトックスは現在もこの問題に取り組んでいます。

農作物や水産物にも影響を及ぼす

近隣の住民は退避が勧告され、一帯は立入禁止となり10年以上経過した現在でも住民が帰還できな地域もあります。
また影響は地域住民の暮らしだけではなく、農作物や水産物にも影響を及ぼしました。
福島県産農産物や水産物は放射能汚染されていると風評被害が広まり、一部の国では安全性が証明された今でも輸入を停止しています。
事故を起こした福島第一原発の廃炉作業にはまだまだ時間がかるとされ、予断を許さない状況も続いています。
原子力発電所はエネルギーを作るために、二酸化炭素を排出しません。
そのため環境に優しく見える一方で、一度事故が起これば取り返しのつかない悪影響を環境に与えます。
本当に地球の環境のことを考えるなら、原子力発電は使うべきではないという世論が広がるのは当然です。
ですから日本では福島第一原発の事故以降、相次いで既存原子力発電所の見直しが行われました。

電力需要が逼迫する冬には節電が呼びかけられている

問題のある原子力発電所は運転を停止し、厳しい条件をクリアしなければ再稼働はできません。
実際に審査をクリアできずに再稼働できないままの原子力発電所もあり、電力需要が逼迫する冬には節電が呼びかけられています。
またたとえ再稼働を果たしても、市民団体などが起こした裁判により停止を命令されるケースもあります。
さらに将来の日本のエネルギー問題を考えたときに、原子力発電の位置づけもそのままです。
LNGを使った火力発電、太陽光や洋上風力などの再生可能エネルギーなどさまざまな発電方法が考えられ始めましたが、それだけではまだまだ需要を満たせないので原子力発電の新規建設や再稼働を目指す動きもあります。
なぜ一度大きな被害を受けているのに再び原子力発電に注目が集まるのか、それは地球環境の保護問題が関わっています。

二酸化炭素の排出量が増えると地球は温暖化する

地球環境を保護するために、全世界で叫ばれているのは二酸化炭素の排出削減です。
人間の活動により二酸化炭素の排出量が増えると、地球は温暖化します。
地球が温暖化すると北極や南極の氷は溶け海面は上昇し、一部には国土が水没する国もでてきました。
また海水温が上昇することで巨大ハリケーンや台風が発生する頻度が増え、魚の生息域も変わり漁業にも悪影響が出ています。
そのため環境を守ることは最優先という考え方が広がり、ヨーロッパを中心とした世界では再生可能エネルギーの利用が増加しています。
ですが再生可能エネルギーだけでは、人間の社会活動に必要なエネルギーをすべて賄うことはできません。
元々再生可能エネルギーの活用が進んでいない日本だけではなく、ヨーロッパでもエネルギー不足が心配されています。
特にヨーロッパは紛争の影響により石油やLNGなどの資源を輸入がストップする可能性も高まっていて、安定したエネルギー供給は課題となっています。

原発の新規建造を停止してきたフランスは新しく建造することを決める

そこで原発の新規建造を停止してきたフランスは、新しく建造することを決めました。
フランスの決定はヨーロッパ各国に大きな影響を与え、追随する国もでてくるのではと予測されています。
また日本国内でもフランスの決定は衝撃を持って伝わり、これにより日本でも原発問題は再燃するでしょう。
福島第一原発の事故の記憶がまだ残る日本では、原発の新規建造が受け入れられる下地が整っているとはいえません。
既存の原子力発電の再稼働でさえ進まない現状ですから、スンナリとフランスに習い新規の建造が進むとは思えないでしょう。
しかし再生可能エネルギーの普及が進まない日本でも、原子力発電に頼らざるを得ない可能性は非常に高いです。
このままでは環境保護の目標を達成するのは非常に困難ですから、再稼働や新規建造を容認する動きも広まるかもしれません。

まとめ

地球環境を守ることも非常に重要ですが、その一方で安定したエネルギー供給も非常に重要です。
エネルギー供給が不安定になり万が一途絶えてしまうと、経済や生活に多大な悪影響が及んでしまいます。
原発問題は事故の影響から感情的な対立になりがちですが、日本の行く末を決める重要なエネルギー政策でもあるので、冷静な判断を下して決めなければいけません。
日本の国民も原発問題を感情的に考えるのではなく、冷静に判断することが求められるでしょう。

Continue Reading …