英会話スクールを賢く選ぶ

仕事で英語が必要になった時や将来のキャリアに役立てたい時に英会話スクールに通うことがありますが、どこに通うかによって得られる成果が異なりますので、まずは基本的な知識を身に付けてから選ぶことが大切です。

 

英会話スクールの種類

一般的に英会話スクールと言われるのは数か月から数年の単位で教室に通ってレッスンを受けるタイプであり、マンツーマン形式とグループ形式とがあります。
マンツーマンは講師と一対一になりますので、分からないことが出て来ても周りの目を気にする必要がありませんし、時間を有効に使うことができます。
ただし、料金は高めですので費用面で通うのが難しいと判断されるケースもありますし、他の人がいないと張り合いが出ない人もいるようです。
グループ形式では他の受講者と共に学びますので、同じように学ぶ人の会話を聞きながら学べることもあります。
一対一で学ぶよりも習得しやすいと感じる人がいる反面、人前で話すが苦手な人にとってはハードルが高い環境です。
講師が気を利かせて話を振ってくれないと、受講中一言も話さずに終わる人もいるくらいですので、それぞれの性格的な面も考慮しながら選ぶ必要があります。
タイプとしてはもっとも多いので、通う教室を探すのもそれほど難しくはありません。
大手が多いので、駅前に教室が用意されていることも多く、仕事帰り等の都合の良い時に学びやすいと言えます。

 

近年話題になっている英語コーチングスクール

近年話題になっている英語コーチングスクールは、専属トレーナー付きの英語スクールとなっています。
英文法や英会話の指導は行われず、個別に生徒の学習時間やカリキュラムを設計するシステムです。
専属トレーナーがいつでもついていてくれて、約3か月の間に決められたスケジュールをこなします。
サービス内容が豊富ですし、サポートしてくれる範囲も多岐にわたりますので、料金が高めなのが気になるところです。
料金の問題さえクリアできれば、短期間でも充実したサポートを受けられるタイプであり、学べる期限が決まっている時にお勧めです。

 

オンライン上で講師によるレッスンを受講できる

インターネット環境が整っていれば、英会話スクールも悪くはありません。
ウェブブラウザやスカイプ等を駆使して、オンライン上で講師によるレッスンを受講できます。
ほとんどがネイティブの外国人講師ですので、自宅にいながら本格的な英会話を学べるのもメリットです。
基本的にマンツーマンとなっていて、それぞれのペースで学ぶことが可能ですし、自宅というリラックスできる環境で受講できるのも他とは違う点です。
受講期間・時間・回数等は比較的自由に選ぶことができ、1回あたりの時間は短めになっているのもオンラインの特徴となっています。
教室の維持という経費がかからないこともあって、費用は安めに設定されています。

 

Continue Reading …

【ユニセフまとめ】今知って欲しいアドボカシー活動

世の中は不公平なことがたくさんあり、それによって不利益を受ける場合があります。
普段の生活でもそう感じる日は少なくないと感じているでしょう。
でも世界には、もっと不公平な状態でまともな生活ができない人もいます。
でも不公平であることを気がつけないまま、当たり前だと思って暮らしていたり、わかっていてもどうしようもできないことがほとんどです。
そのような問題について、原因を取り除くために訴えることをアドボカシー活動と言います。
この活動が政策を変えることができたら、不公平が減って暮らしやすい社会になる信じていろいろなことを行います。

 

アドボカシー活動の目的

アドボカシー活動と一言で言っても、さまざまな分野があり、活動をしている団体によってその目的は異なります。
例えば子供にとっての不公平を取り除くために活動している団体もあります。
日本ユニセフのように長引く紛争などによって危険な状態に置かれ、生活もままならないような子供を救い出し、健やかに生活できるように訴えかけるようなことです。

単純に子供の健やかな成長と言っても、解決しなければならない原因はさまざまです。
です。
このような活動を一時的なサポートとして行っても再発する恐れがあるので、政策を変えることで持続可能な問題に解決に繋げなければいけません。

 

政府や国際機関を動かす必要がある

まずは政府や国際機関を動かす必要があります。
個人の力は限られていて、持続性がありません。
国や国際機関を動かすことで基盤を作り上げることが可能です。
現在ではSDGsと呼ばれる持続可能な開発目標が掲げられ、世界の貧困問題の相決に取り組む姿勢が示されています。
国連総会やG7やG20サミットでも問題に対してスピーチすることで、問題を認識してもらうことから始まります。
公平な世界を手に入れるためには有意な立場にいる方から手を差し伸べることが重要です。
そのためにアドボカシー活動を行って、各国の政府や国際機関に動いてもらうことを目標にします。
特に国を跨いで行われるような人身売買などは、双方の国が一緒に解決しなければいけません。
保険や衛生のように他国からの支援によって解決することができるものもあります。
教育も多くの支援でまかなえる問題の一つです。

 

Continue Reading …

仕事ができない社員の教育をするには

企業にとって、有能な人材が多く集まるほうが業績の伸びにもつながるため望んでいることでしょう。
ですが、誰もが有能だとは限りません。
要領の悪い、仕事ができない社員がいるのも事実です。

 

仕事ができない社員の特徴

仕事ができない社員の特徴としては、

  • プライドが高く人の意見を素直に聞き入れることができない
  • 相手が求めているものは何か考えることができない
  • 新しいことに対して積極的に挑戦する姿勢がみられない

などの特徴があります。
プライドがあるというのは、悪くないことです。
ですが、企業などに勤めている場合には周囲の意見も柔軟に取り入れるだけの度量があることも大切だといえるでしょう。
プライドが高いと、周囲からの意見を聞き入れることがなくマイペースに物事を進めてしまうため周囲から孤立してしまう可能性も高まります。

 

上司や仕事に関係する方たちに対してコミュニケーションをしっかり取る

また、上司や仕事に関係する方たちに対してコミュニケーションをしっかりととり、そこから判断することは大切です。
しかし、必ずしも会話の中にすべての内容が含まれているとは限りません。
仕事ができない人は会話の内容がすべてと判断し、それ以上に自分で考えようとせず行動してしまうことが多い傾向があります。
仕事では、基本的に相手がどのようなことを求めているかを常に考え、予測し行動していくことが重要だといえるでしょう。
新しいことに対して、挑戦する姿勢というのも大切です。
仕事ができない人は積極的な行動、姿勢をみせることなく安全な道ばかり選択しがちです。
しかし、企業で働く身としては新しいものに対して挑戦していくことで、時代の流れにあった仕事ができるのも事実です。
常に安全策ばかり模索して、消極的な仕事だけをしていると進歩がありません。

 

Continue Reading …