建設業界のDX化のしくみについて

この記事は以下のような人におすすめです

・建設業界のDX化の仕組みについて知りたい
・ブラニュー株式会社の業務内容に興味がある
・建設業界のIT化を進めたい

建設業界のDX化の仕組みについては、建設業にデジタルトランスフォーメーション業務のデジタル化という考えを取り入れようというものです。
デジタルトランスフォーメーションは、DXと建設業界では呼ばれていて簡潔に言えばデジタル化したデータにて建築を行うという考えで旧来においては紙面で必要な書類やデータを保存するという考えから進化した考え方になります。
この進化の利点は、ビジネスをオンライン上で済ませることにあり、多くのお仕事を遠隔地でも引き受け建設を産業としている支部にお仕事を引き渡すことです。

ブラニュー株式会社が考える建設業界のDX

この仕組みは、単純に考えると建設業界に関係する別の業界とも連携をとることができる点にあり、建築用の素材を作り出す業界とオンライン上でつながり、建築現場で生まれたニーズを素材を扱う会社が即座に反映し新しい素材を作り出すことを可能とします。
そのうえで、建築においては従業員の安全性の問題というものがあり、例えば高所で作業を行う従業員の安全をネットワークで担うということもDX化が進めば可能です。
例をあげますと、ドローン産業を用いて高所の写真の撮影を可能としたり、ドローン自体に物資の運搬が可能となるよう研究を進めると建築にドローンを用いて高所作業をサポートさせることができるのです。
特に高所で作業を行う場合、人間が作業を担うのとドローンのように機械が業務を担うのであればどちらが安全であるかという議論になればドローンを高所作業員にした方が安全であると言えます。
こうした別の産業と、建築業を融合させるという考えがDX化の仕組みです。
参考→ブラニュー採用

人手が不足しているという問題

そのうえで、建設業界のDX化の課題について解説をしますと現段階においては機械化を行い作業を人間ではなく機械に置き換えるにおいてはまだ、人手が不足しているという問題です。
これは、機械化を行うプログラマーの存在やエンジニアの存在が少ないということを指します。
つまり、建築業で働く従業員は多くドローンのような産業を扱う従業員は多くとも、それら2者を結び付け別の産業を作り出す従業員がいないということです。
この問題については、プログラマーを育て上げかつエンジニアの育成に力を入れる必要性があるのですが、それと同時に建築業側もプログラマーを育て上げドローンプログラムを可能とするか、ドローン自体を改良して産業ドローンに作り替える従業員を育て上げるかという問題です。
というのも、エンジニアが建築関係のお仕事を経験したことがあるのであれば即座にエンジニアは産業に自分のノウハウを用いてドローンなり、建築物資の運搬作業ロボットなどを作り出せますが建築のノウハウがない場合、現場で活躍している建設業の作業員からお話を聞きだし産業化しなければなりません。

建築業のデジタル化は進まない

よって、産業化をするということは、建設業界側もエンジニアやプログラマーを育て上げる必要性があるというのが現状のDX化になります。
なので、人材育成に余裕がある建設業界であれば人材を育成してエンジニアやプログラマーを育て上げることができますが、そうではない事業者には建築業のデジタル化は進まないと思われます。
この建築業のデジタル化ですが、急速にこのデジタル化という考えが普及して産業用ロボットを活用しようと考えたのは日本の場合、労働者不足が影響しています。
特に、建築においては大勢の人が一つの建設物に対して関わりを持ちますので労働者が不足してきた場合については、機械に労働者を置き換えようという考えにシフトしていきました。
労働者をAIに置き換え危険な作業を担わせた場合、人間と異なり労災という概念がなくなりますので雇用者側も従業員に対していざという場合に備える保険や危険な作業を行わせたという事実が延々と残らないという利点があるのです。

旧来の非デジタル化したやり方のデメリットとは

逆を返すと、旧来の非デジタル化したやり方では労働者の獲得は保険やいざというときの保証でしか人材を集めることができないのでより良い保証を受けられる建築事業者に人材は移るのです。
そうした観点から、建築事業のデジタル化は事業者時代に利点があり、人材の確保においては危険行為を産業ロボットに任せロボットを操作するのは人間になるので従業員は安全なところで作業を担えるということになります。
今後、建設業におけるデジタル化については日本の場合労働者が不足するという観点から増えると言われており、従業員側に求められるのは、建設をサポートする器機を扱うだけの技量があるかどうかになると思われ、従業員に課せられるのは産業用ドローンを扱えるかや、産業用ロボットを扱ったりメンテナンスを行えるかが問われると思われます。

まとめ

そのうえで、昔ながらの職人という存在も、産業用のロボットやドローンを扱い自分たちの職務に役立たせるようになると言われていますので、建設業においてデータ化された情報を扱い自分たちのお仕事に役立たせるのは今後も日本では増加するというのが私個人の結論になります。

関連記事
建設業における動向と課題とは?