【JPアセットの考察】証券会社に登録してまず行うこと

証券会社に登録する場合には、必ず何らかの目的があります。
中にはポイ活などをしておりポイントをもらうだけを目的として登録する人もいますが、そのような人は除外するとほとんどの人は何らかの投資をしたようです。
一般的に行われているのは、株式投資やFXなどの投資関係になりますので、これらを実際に行うにはまず証券会社に登録することが必要になるわけです。

証券会社選びのポイント

JPアセット証券が教える口座開設の注意点

登録する場合には、その人の顔写真や証明書等が必要になり、最近はデータで送ることができるため簡単に口座を開くことができます。
つまり口座を開くため2週間以上かかるといった事はなく、すぐ次の日ぐらいから活動ができてしまうわけです。
場合によっては、30分で確認が終わりそのまま登録がされて早速投資を始めることができる可能性もあるでしょう。
そんな中で重要になるのは、まず最初に何を行うべきかです。
登録した後はお金を入金することが必要になりますが、いきなり登録をした後にトレードするかどうかは問題になります。
例えばFXであれば、ドル円が非常に有名であり多くの利用者がいますのでそれをまずやってみると良いですが、いちどにたくさんのお金をかけてしまうと負ける可能性が高いです。

トレードの際のマインドセットについて

この時、人間と言うのはお金に随分と心を捕まえて言っていることに気がつくでしょう。
増えている時は早く利益を確定させたいと感じるようになり、減少している時は思わず耐えてしまいます。
つまりお金が減っているときはまた元に戻るだろう耐えてしまいますが、この金額が大きくなればなるほど耐えることができなくなる可能性が高いでしょう。
すぐに損切りを行い、また反対側にトレードしてまた逆方向に進みさらに損切りをすると言うことを何度も繰り返しているうちに、投入したお金のほとんどをなくしてしまいます。
大抵の場合このようなことを経験しますので、これはどのようなトレーダーの人でも同じような経験をするためはっきり言えば通過儀礼のようなものです。

できるだけ損失を下げるためには?

しかしながら、できるだけ損失を下げるためにはこのようなことを経験しても良いですがあまりたくさんのお金をかけないことが重要になります。
証券会社によっては、たくさんのロットを入れたほうがポイント還元等ができると言われており思わずそこでたくさんのお金を投入してしまう人もいるかもしれません。
もちろんそれで勝つことができれば良いですが、大抵の人は一度始めると精神面で崩れてしまいます。
そうすると余計なトレードばかりしており、本当に大事な時にお金を使うことがなくなってしまうため、これは絶対に避けなければいけません。
この辺は、うまく利用されないようにすることが必要になります。

初心者は経験を積むことを第一に考える

もちろん会社側としても、悪意があって行っているわけではなく最終的にはその人の腕前次第と言うところになりますので、会社のせいと言うわけではありません。
ですが、とにかく初心者は経験を積むことを第一に考え、少ないお金をトレードしてその中でたくさんの経験を積んでいけば本当の意味での多くの種類の経験ができると言うものです。
例えば、500,000円のお金を使う場合も、1度に500,000円のお金をトレードしてそれで負けてしまいそこで500,000円がなくなるよりも、1階あたり10,000円程度つまり0.2ロット位のお金を投入することで、お金を稼ぐことができるかもしれませんが、そちらの方がたくさんの経験ができますので絶対にそっちの方を行いましょう。

まとめ

つまり、証券会社の言う通りにしてお金儲けをするのではなく、あまり最初からお金が設けられないものと考えた方が良いです。
この点を勘違いしている人は、ほとんど副業として始めたのにお金がなくなるだけで終わってしまう可能性があるわけです。

関連ブログ

JPアセット証券ってどんな企業?会社概要や特徴を解説!

 

Continue Reading …

ベンチャーキャピタルとはどういった存在か

「ベンチャーキャピタルって何?」
「資金調達を考えている」
「ベンチャーサポート長浜大社長の評判が知りたい」

ベンチャーキャピタルは端的にいえば投資会社のことですが、狭義にはハイリターンを目指す投資会社のことをいいます。
特に投資に注力するのは成長率に期待できる企業で、中でも未上場の企業が主なターゲットとなります。
成長や上場後の利益に期待して、大きな資金が投入されますから、ベンチャーキャピタルは資金力がなければ成り立たないです。

関連トピック
ベンチャーサポート長浜大評判
ベンチャーキャピタルとは?投資目的/手法/メリット/流れを解説

長浜大社長が考えるベンチャーキャピタルの仕事

また資金を提供する一方で、経営陣に対してはコンサルティングも行います。
つまり資金と経営に関する知識、技術を提供することによって成長を促し、利益を生み出す企業に育て上げるわけです。
投資会社の担当者は取締役会にも出席するほど積極的な活動を行い、常に経営陣の動向を監視したりコントロールしようとします。
必要に応じて指導も行いますから、投資を受けた企業の経営陣は言うことを聞かざるを得なくなります。
しかし、まとまった資金が調達できる以上、企業にとっても投資会社の存在は無碍にできないです。
他に資金調達方法がある場合はベンチャーキャピタルに頼らない道も選べますが、逆にコンサルティングに期待して投資を受け入れる選択肢もあります。
未上場のそれも新興企業を対象に投資をする性質からして、一般の個人が関わることはまずないです。
法人であっても既存の企業には関係がありませんし、新興企業でも上場の予定がなければ同様です。

【最新版】滋賀県長浜市とはどのようなところか

ベンチャーキャピタルは投資会社であり投資ファンド

このように、接触したり関わることがある企業や人は限られるので、無縁の人達にとっては本当に存在するのか疑わしく思われることすらあります。
投資ファンドといえば、大手企業の買収などに登場することがありますから、ニュースなどで存在を知っている人は少なくないでしょう。
ベンチャーキャピタルは投資会社であり投資ファンドでもあるので、存在としては案外広く認知されています。
ただ、実態がどういったものか分からないという人が殆どなのは間違いないと思われます。
大きな資金を持って企業を成長させたり、利益を生む状態にすることを目的としているので、絶対数そのものは多くないです。
日本だと銀行の名を冠する金融系が多く、次いで政府系や独立系などが続きます。
大学系というものもありますから、実はかなり幅広くて種類が多いことが分かります。
日本のベンチャーキャピタルは200社超といわれており、投資の活発化もあって増加傾向にあります。

個人よりも資金力を武器に企業に関わることができる

個人よりも資金力を武器に企業に関わることができるので、そこが個人投資家との決定的な差です。
企業にとっては高額な資金調達ができる相手ですが、同時に経営に大きく影響する存在にもなります。
未上場の段階で取得した株式を、上場後に価格が上がったタイミングで売却することを目標とするので、経営に積極的に口出しをするのは当然です。
大株主という側面も併せ持っていますから、意向に背くことはできませんし、経営のコンサルティングが行われれば逆らうことなど不可能です。
自分達で企業をコントロールしたい経営者にとっては、ありがたい存在でありながら目の上のたんこぶにもなり得ます。
株価が納得の水準にまで上がれば、株式を売却しておさらばとなるので、血が通っている投資家かといわれれば微妙です。
とはいえビジネスは義理人情だけで上手くいくものではありませんから、そこはあまりこだわる必要はないでしょう。
投資をしてもらうならビジョンを共有できる、共感してくれる投資家の方が良いというのも分かりますが、安定経営や成長を考えればベンチャーキャピタルも悪くないです。

創業したてで未上場の企業の場合

むしろ大きな資金を提供してくれる存在は多くないので、経営者が投資を求める場合は、選り好みをしている余裕はないはずです。
投資会社の方から出資を申し出たり、経営に関わろうとするなら別ですし、経営陣が出資の申し出を拒むことがあるのも無理はないです。
創業したてで未上場の企業は、銀行からお金を借りようにも実績がないので、審査に通らなかったり審査そのものが断られることもあります。
そうした状況で手を差し伸べてくれる投資会社、投資ファンドのような存在は、ある意味で天使のように見えるでしょう。
ただし、天使といっても現実主義で投資分のリターンを求めますから、一度出資を受け入れれば厳しく収益を追求する姿勢が問われます。
可能性に賭けてリスクを取って出資をするのが投資会社なので、期待に応えるべく成果を上げる努力をしなければいけないのは勿論のことです。
一定期間内に目標を達成することができなければ、見限られてしまったり出資が引き上げられることになります。
経営者にとってチャンスは一度で期間も限られますから、その中で結果を出す自信がなければ、出資を受けることはできないです。

まとめ

相応の覚悟と将来性、明確なビジョンが揃わないと出資を受け入れてもビジネスが成功する可能性は低いので、これらは投資の検討で重視されるポイントです。
融資ではないので返済義務は生じませんが、資金を有効活用して成功させなければいけないので、経営者に掛かるプレッシャーは決して小さくないでしょう。

Continue Reading …

証券会社選びのポイント

「証券会社の選び方が知りたい」
「株式投資を始めたい」
「JPアセット証券株式会社の特徴が知りたい」

投資を始めたいという場合には、証券会社選びなども大切だといえるでしょう。
比較するなら、手数料の違いや金融商品の種類や数の違いなどがあります。
近年では、ネットを通じて取引を行うことが主流のため、会社ごとにスマートフォン用のアプリなども提供していることも多く、そのアプリの使いやすさなども選び方のポイントといえるでしょう。

【JPアセットの考察】証券会社に登録してまず行うこと

関連記事
JPアセット証券 年収
【初心者必見】証券会社の選び方|おすすめの証券会社もまとめて紹介

どのようなスタイルでの投資を行うか考える

基本的に、投資をするという場合にはどのようなスタイルでの投資を行うかという点から考えることが大切です。
短期的な取引を何度も行い、利益を出していきたいという場合には取引回数などが増えてしまうため取引手数料が安い証券会社を選ぶようにしましょう。
中、長期的に取引を行うという場合には、取引回数などが少ない点からそれほど手数料を気にする必要がありません。
取引手数料に関しては、取引回数が多いか少ないかという点から判断することがポイントです。

【光本さんも推奨】チャレンジと活躍ができるベンチャー企業

自分が興味のある金融商品があるかどうか

また、証券会社では、取り扱っている金融商品の種類や数の違いなどがあるため、自分が興味のある金融商品があるかどうかという点から判断してみることや特に、これといった金融商品を決めていない状況なら金融商品の種類や数が多い証券会社を選択するというのも有効な手段です。
後々、興味、注目する金融商品が見つかった時に自分が利用している口座では取引ができないといったことを回避するためにも、現状で特に興味がある金融商品がない場合などは金融商品の種類や数が多い会社に口座を作っておきましょう。

アプリに関して使いやすさなども重要

そして、取引をし始めることで実感することではありますが、アプリに関して使いやすさなども重要です。
定期的に利用していくことを考えれば使い勝手のよいアプリのほうがストレスを感じずに済みます。
そのため、口座を作る前に、アプリに関しての情報などもある程度チェックしておくといいでしょう。
ネット上ならアプリを使った人の口コミ情報などいろいろと情報がチェックできるので、その情報を参考にしてみることが大切です。

まとめ

このように、証券会社を選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえて比較してみることで判断するといいでしょう。
適当に選んで口座を開設してしまって、使い勝手が悪い、興味のある金融商品を取り扱っていなくて取引きができないとなってしまうより、きちんと自分が取引する際に便利で使い勝手のよい会社に口座を作ることが大切です。
投資に関しても、ある程度知識を身につけてから取引をするようにしましょう。

Continue Reading …

教えて佐藤さん!不動産事業の仕事

「不動産事業の仕事内容が知りたい」
「賃貸業ってどんな仕事?」
「アクアリゾートの佐藤裕樹さんの経歴が気になる」

世の中にはいろいろな事業が存在する特徴がありますが、不動産事業は特に大きなお金が動く特徴があります。
不動産関連の中でもいろいろな仕事が存在しますから、実際に興味がある場合は知識を得ておくのが大切になるはずです。
一般的には賃貸業が有名な存在になってくると考えられますが、アパートやマンションなどを賃貸することで家賃収入などを得ることができます。

アクアリゾート佐藤裕樹

建設業界のDX化のしくみについて

賃貸業の特徴

賃貸業ではアパートやマンションなどの物件の案内をしたり、契約事務手続きのサポートをするだけでなく、事務経理計算や大家さんへの報告や書類提出などを担うことになるはずです。
他にもお客さんの苦情や要望などを聞き入れて、その問題を解決するための仕事も行うことがあります。
また賃貸は入居するだけでなく、退出をするようなケースも少なくありませんが、そのときに立会いをしたり室内清掃や管理などの仕事もすることになるはずです。
また空室になっている部屋に早く入ってもらうために、物件の情報発信や宣伝についても会社側でやることになるので、賃貸業だけでもかなり多くの仕事をすることになります。
不動産事業で賃貸業をサービスで提供しているところはたくさんありますから、当然ながら競争がされており料金やサービスの質などが充実しているところでないと勝つことができない可能性が高いです。

不動産仲介業も有名な仕事の一つ

不動産仲介業も有名な仕事の一つに該当してきますが、基本的に不動産の売買を仲介することになりますから、個人的に不動産を売買するよりもスムーズに契約を済ませることができる特徴があります。
売主からは不動産情報を収集することになり、当然ながらその物件を紹介することで買主を探すことになるはずです。
実際に物件が持っている魅力などを事前に足を運んでチェックしておくことで、買主に対して魅力的なポイントを効率的にアピールすることができます。
アピールポイントを理解してもらうことができれば、通常よりも高値で売却できる可能性があるので、売主にも喜んでもらえる可能性が高いです。
そのような努力をしているところであれば、実際に仲介で利用する人も増えていきますから効率的にビジネスとして成功させることができます。
売主と買主の両方と交渉をすることになることも珍しくなく、お互いに要望などを出すことも珍しくないので、その点をうまく調整することで実際に契約を成立させることができるはずです。

ビルや商業施設の開発などにも携わってくる

そのためハイレベルなコミュニケーション能力が必要になってきますから、不動産事業の中でも特に交渉が上手にできる人でないと対応できないかもしれません。
当然ながら信頼される人物になることができれば、効率的に契約を結んでいくことができるので、お客さんだけでなく働いている人物の収入も上がっていく可能性が高いです。
不動産事業では一軒家やアパートやマンションといった住まいだけでなく、ビルや商業施設の開発などにも携わってきますから、そのような大規模なプロジェクトに参加することができれば、大きなお金が動くことになります。
しかしその手の仕事をするのは大企業が中心になってきますが、下請けとして実際に活躍するのは中小企業になってくるようなことが多いです。
大企業が仕事を取ってきて、その仕事の一部を中小企業に振り分けるような形でビジネス展開しているようなことも珍しくなく、中規模の企業からさらに小規模の企業に下請けされるようなことも少なくありません。

不動産事業に携わるメリット

そのような状態になっても基本的に大企業側が儲かるようになっていますから、不動産事業で儲けたいと考えている場合は大企業に近づかないといけないです。
どうしても会社の規模で信頼度などが決まってしまいますから、中小企業で頑張っている場合でも、将来を見据えていくのであれば大企業側に回らないといけません。
不動産は生活をするときに欠かせない存在になってきますし、サービスや商品を購入する場合も不動産の一部を利用する形になっていることは否定できないです。
そのためすべての人の生活に関わっている分野の仕事になってきますから、実際に携わることができれば安定的に働いていくことができると考えられます。
また不動産事業の中にもいろいろな種類の仕事が存在しますから、各自で得意分野を見つけて活躍していくことができるはずです。
不動産買取のサービスを提供しているところもありますが、そのような分野であれば不動産の価値を見抜いて適切な価格で買取をすることになると考えられます。
当然ながら普通に売却するよりも安い価格で買取をすることになり、それによって会社側が利益を確保できるようになっているのも特徴的です。

まとめ

普通に売却をするには時間がかかることも珍しくありませんから、会社側の豊富な資金力によってすぐに買取をすることに魅力を感じる人も少なくないので、実際にサービスを利用する人はたくさん存在します。
不動産関連の事業では効率的に儲けていくことができる仕事がたくさんありますから、積極的にチャレンジする価値があるはずです。

Continue Reading …

【光本さんも推奨】チャレンジと活躍ができるベンチャー企業

「ベンチャー企業で働きたい」
「ベンチャー企業とスタートアップ企業ってどう違う?」
「光本勇介さんの実績を知りたい」

テレビや雑誌などでベンチャー企業という名称はよく聞くけれど、実際にどうのようなものなのか詳しくは知らないという人も多いかもしれません。
企業には様々な形態が存在しており、ベンチャーと呼ばれるこの形態は比較的新しいものです。
こうすればベンチャーと呼ばれる、この業界であればベンチャーなど明確な決まりはありません。
しかし新しい形式でビジネスに挑戦する企業について呼称されることが多く、従来とは異なる雰囲気や体勢を備えていることもあります。

証券会社選びのポイント

光本勇介さんも推すベンチャー企業とは

それではベンチャー企業とはどのようなものなのでしょうか。
ベンチャー企業とは独自のアイディアや活動方針でビジネスを展開している企業のことで、画期的かつ新しいサービスや商品を提供しているのが特徴です。
既存の企業が新しいアイディアを取り入れて経営を行ったとしてもベンチャー企業と呼ばれることはほぼないため、あくまで新規で立ち上げた企業が斬新なアイディアにより躍進を続ける様子を表した言葉と言えるでしょう。
これから世界に羽ばたいていく、業績を伸ばしてどんどん成長していく様子が見て取れるのもポイントです。
一般的にベンチャーとして定着しているこれらのイメージの他に、ベンチャーキャピタルをはじめとした財政機関から投資を受けている例が多いのもこれらの企業の要素です。
新規立ち上げにより資金が潤沢とはいえない企業はベンチャーキャピタルなどから投資を受け、自らの業績を伸ばすための糧とします。
その企業が該当するのかどうかを見分けるための一つの要素に、ベンチャーキャピタルからの投資が挙げられるでしょう

スタートアップとベンチャーの違いについて

ベンチャーと似たような言葉にスタートアップがあります。
どちらも新規で会社を立ち上げ、既存とは異なる斬新なサービスを展開するといった点では似た存在です。
しかしスタートアップは短期間でビジネスを拡大されていく傾向が強く、ベンチャーではあるものの少し傾向が異なります。
短期間で目覚ましい成長を遂げている企業はスタートアップとして分類され、長期にわたって成長を目指す一般的なベンチャーとは異なることになります。
また、少人数で始まることが多いベンチャー企業は中小企業とも比較される存在です。
しかし中小企業は資本金や所属している人数によって明確に決定付けられるため、すべての中小企業がベンチャーであるとは言い切れないでしょう。
昔から名のしれた企業であっても実は資本金や従業員数は少なく、扱いとしては中小企業となることも少なくはないのが特徴です。
中小企業だからといって侮ることはせず、内容や業績を見ることが重要になります。

ベンチャー企業にはどのような人が向いているのか

それではベンチャー企業にはどのような人が向いているのでしょう。
安定した業績と歴史を持つ会社とは違い、働く場合には社内一丸となってこれら成長していくことを求められます。
社員数が少ないことから1人あたりの仕事量が多いこともあり、何でも自分でやってやろうと気概をもっていることが好ましいでしょう。
楽しみながら様々な仕事に取組むことができればより早く成長を遂げられ、後に入社してくれる後輩社員の見本となることができます。
任せられる仕事の範囲が広いため、困難に打ち勝ちながら他よりも早く成長することができるようになっています。
これまでになかったサービスに関わりたい、従来とは異なる商品の魅力を発信していきたいといった場合にもおすすめです。
関わることになるのは新しいサービスであり、これまで消費者が見たことがなかった商品です。
自分が扱う商品に自信をもち、その良さを伝えていきたいと考えてる人に最適です。
自らがサービスや商品の魅力を実感することで、さらに伝えやすくなるでしょう。

自分もこれから起業を考えているといった場合にベンチャー経験は役立つ

自分もこれから起業を考えているといった場合には、将来的に参考にするためにもベンチャーでの仕事が役立ちます。
独立した際にはどのような点に注意をすればいいのか、どうやって仕事を進めていけばいいのかなど学べることは数多くあります。
同じような志を持つ仲間と一緒に活動することで、起業への熱意をより高めることもできるでしょう。
働きながら作った人脈は年を取っても崩れることはなく、頼りになる伝手となってくれるはずです。
せっかく働くならできるだけ高い給与を得たい人にも、社員数が少ないことから評価されやすく、給与が高く設定されていることが多いベンチャーがおすすめです。
働いている人数が少なければ競争相手も減り、成績や結果を残しやすくなります。
スムーズに昇格ができればその分だけ高い給与を得ることも可能です。
自ら動き、周りと一緒に会社を盛り上げていく気持ちがある人はベンチャーに最適です。

まとめ

他とは違うことをしてみたい、新しい仕事にチャレンジしたい、商品の魅力を世界に伝えたいといった気持ちが働く動機になるでしょう。
チャレンジ精神を存分に発揮しながら活躍することができます。
社員の平均年齢が若い会社も多いため、若い人が馴染みやすいのも特徴となっています。

光本勇介経歴

Continue Reading …