【光本さんも推奨】チャレンジと活躍ができるベンチャー企業

「ベンチャー企業で働きたい」
「ベンチャー企業とスタートアップ企業ってどう違う?」
「光本勇介さんの実績を知りたい」

テレビや雑誌などでベンチャー企業という名称はよく聞くけれど、実際にどうのようなものなのか詳しくは知らないという人も多いかもしれません。
企業には様々な形態が存在しており、ベンチャーと呼ばれるこの形態は比較的新しいものです。
こうすればベンチャーと呼ばれる、この業界であればベンチャーなど明確な決まりはありません。
しかし新しい形式でビジネスに挑戦する企業について呼称されることが多く、従来とは異なる雰囲気や体勢を備えていることもあります。

光本勇介さんも推すベンチャー企業とは

それではベンチャー企業とはどのようなものなのでしょうか。
ベンチャー企業とは独自のアイディアや活動方針でビジネスを展開している企業のことで、画期的かつ新しいサービスや商品を提供しているのが特徴です。
既存の企業が新しいアイディアを取り入れて経営を行ったとしてもベンチャー企業と呼ばれることはほぼないため、あくまで新規で立ち上げた企業が斬新なアイディアにより躍進を続ける様子を表した言葉と言えるでしょう。
これから世界に羽ばたいていく、業績を伸ばしてどんどん成長していく様子が見て取れるのもポイントです。
一般的にベンチャーとして定着しているこれらのイメージの他に、ベンチャーキャピタルをはじめとした財政機関から投資を受けている例が多いのもこれらの企業の要素です。
新規立ち上げにより資金が潤沢とはいえない企業はベンチャーキャピタルなどから投資を受け、自らの業績を伸ばすための糧とします。
その企業が該当するのかどうかを見分けるための一つの要素に、ベンチャーキャピタルからの投資が挙げられるでしょう

スタートアップとベンチャーの違いについて

ベンチャーと似たような言葉にスタートアップがあります。
どちらも新規で会社を立ち上げ、既存とは異なる斬新なサービスを展開するといった点では似た存在です。
しかしスタートアップは短期間でビジネスを拡大されていく傾向が強く、ベンチャーではあるものの少し傾向が異なります。
短期間で目覚ましい成長を遂げている企業はスタートアップとして分類され、長期にわたって成長を目指す一般的なベンチャーとは異なることになります。
また、少人数で始まることが多いベンチャー企業は中小企業とも比較される存在です。
しかし中小企業は資本金や所属している人数によって明確に決定付けられるため、すべての中小企業がベンチャーであるとは言い切れないでしょう。
昔から名のしれた企業であっても実は資本金や従業員数は少なく、扱いとしては中小企業となることも少なくはないのが特徴です。
中小企業だからといって侮ることはせず、内容や業績を見ることが重要になります。

ベンチャー企業にはどのような人が向いているのか

それではベンチャー企業にはどのような人が向いているのでしょう。
安定した業績と歴史を持つ会社とは違い、働く場合には社内一丸となってこれら成長していくことを求められます。
社員数が少ないことから1人あたりの仕事量が多いこともあり、何でも自分でやってやろうと気概をもっていることが好ましいでしょう。
楽しみながら様々な仕事に取組むことができればより早く成長を遂げられ、後に入社してくれる後輩社員の見本となることができます。
任せられる仕事の範囲が広いため、困難に打ち勝ちながら他よりも早く成長することができるようになっています。
これまでになかったサービスに関わりたい、従来とは異なる商品の魅力を発信していきたいといった場合にもおすすめです。
関わることになるのは新しいサービスであり、これまで消費者が見たことがなかった商品です。
自分が扱う商品に自信をもち、その良さを伝えていきたいと考えてる人に最適です。
自らがサービスや商品の魅力を実感することで、さらに伝えやすくなるでしょう。

自分もこれから起業を考えているといった場合にベンチャー経験は役立つ

自分もこれから起業を考えているといった場合には、将来的に参考にするためにもベンチャーでの仕事が役立ちます。
独立した際にはどのような点に注意をすればいいのか、どうやって仕事を進めていけばいいのかなど学べることは数多くあります。
同じような志を持つ仲間と一緒に活動することで、起業への熱意をより高めることもできるでしょう。
働きながら作った人脈は年を取っても崩れることはなく、頼りになる伝手となってくれるはずです。
せっかく働くならできるだけ高い給与を得たい人にも、社員数が少ないことから評価されやすく、給与が高く設定されていることが多いベンチャーがおすすめです。
働いている人数が少なければ競争相手も減り、成績や結果を残しやすくなります。
スムーズに昇格ができればその分だけ高い給与を得ることも可能です。
自ら動き、周りと一緒に会社を盛り上げていく気持ちがある人はベンチャーに最適です。

まとめ

他とは違うことをしてみたい、新しい仕事にチャレンジしたい、商品の魅力を世界に伝えたいといった気持ちが働く動機になるでしょう。
チャレンジ精神を存分に発揮しながら活躍することができます。
社員の平均年齢が若い会社も多いため、若い人が馴染みやすいのも特徴となっています。

光本勇介経歴

Continue Reading …

建設業界のDX化のしくみについて

建設業界のDX化の仕組みについては、建設業にデジタルトランスフォーメーション業務のデジタル化という考えを取り入れようというものです。
デジタルトランスフォーメーションは、DXと建設業界では呼ばれていて簡潔に言えばデジタル化したデータにて建築を行うという考えで旧来においては紙面で必要な書類やデータを保存するという考えから進化した考え方になります。
この進化の利点は、ビジネスをオンライン上で済ませることにあり、多くのお仕事を遠隔地でも引き受け建設を産業としている支部にお仕事を引き渡すことです。

ブラニュー株式会社が考える建設業界のDX

この仕組みは、単純に考えると建設業界に関係する別の業界とも連携をとることができる点にあり、建築用の素材を作り出す業界とオンライン上でつながり、建築現場で生まれたニーズを素材を扱う会社が即座に反映し新しい素材を作り出すことを可能とします。
そのうえで、建築においては従業員の安全性の問題というものがあり、例えば高所で作業を行う従業員の安全をネットワークで担うということもDX化が進めば可能です。
例をあげますと、ドローン産業を用いて高所の写真の撮影を可能としたり、ドローン自体に物資の運搬が可能となるよう研究を進めると建築にドローンを用いて高所作業をサポートさせることができるのです。
特に高所で作業を行う場合、人間が作業を担うのとドローンのように機械が業務を担うのであればどちらが安全であるかという議論になればドローンを高所作業員にした方が安全であると言えます。
こうした別の産業と、建築業を融合させるという考えがDX化の仕組みです。
(参考→ブラニュー採用

人手が不足しているという問題

そのうえで、建設業界のDX化の課題について解説をしますと現段階においては機械化を行い作業を人間ではなく機械に置き換えるにおいてはまだ、人手が不足しているという問題です。
これは、機械化を行うプログラマーの存在やエンジニアの存在が少ないということを指します。
つまり、建築業で働く従業員は多くドローンのような産業を扱う従業員は多くとも、それら2者を結び付け別の産業を作り出す従業員がいないということです。
この問題については、プログラマーを育て上げかつエンジニアの育成に力を入れる必要性があるのですが、それと同時に建築業側もプログラマーを育て上げドローンプログラムを可能とするか、ドローン自体を改良して産業ドローンに作り替える従業員を育て上げるかという問題です。
というのも、エンジニアが建築関係のお仕事を経験したことがあるのであれば即座にエンジニアは産業に自分のノウハウを用いてドローンなり、建築物資の運搬作業ロボットなどを作り出せますが建築のノウハウがない場合、現場で活躍している建設業の作業員からお話を聞きだし産業化しなければなりません。

建築業のデジタル化は進まない

よって、産業化をするということは、建設業界側もエンジニアやプログラマーを育て上げる必要性があるというのが現状のDX化になります。
なので、人材育成に余裕がある建設業界であれば人材を育成してエンジニアやプログラマーを育て上げることができますが、そうではない事業者には建築業のデジタル化は進まないと思われます。
この建築業のデジタル化ですが、急速にこのデジタル化という考えが普及して産業用ロボットを活用しようと考えたのは日本の場合、労働者不足が影響しています。
特に、建築においては大勢の人が一つの建設物に対して関わりを持ちますので労働者が不足してきた場合については、機械に労働者を置き換えようという考えにシフトしていきました。
労働者をAIに置き換え危険な作業を担わせた場合、人間と異なり労災という概念がなくなりますので雇用者側も従業員に対していざという場合に備える保険や危険な作業を行わせたという事実が延々と残らないという利点があるのです。

旧来の非デジタル化したやり方のデメリットとは

逆を返すと、旧来の非デジタル化したやり方では労働者の獲得は保険やいざというときの保証でしか人材を集めることができないのでより良い保証を受けられる建築事業者に人材は移るのです。
そうした観点から、建築事業のデジタル化は事業者時代に利点があり、人材の確保においては危険行為を産業ロボットに任せロボットを操作するのは人間になるので従業員は安全なところで作業を担えるということになります。
今後、建設業におけるデジタル化については日本の場合労働者が不足するという観点から増えると言われており、従業員側に求められるのは、建設をサポートする器機を扱うだけの技量があるかどうかになると思われ、従業員に課せられるのは産業用ドローンを扱えるかや、産業用ロボットを扱ったりメンテナンスを行えるかが問われると思われます。

まとめ

そのうえで、昔ながらの職人という存在も、産業用のロボットやドローンを扱い自分たちの職務に役立たせるようになると言われていますので、建設業においてデータ化された情報を扱い自分たちのお仕事に役立たせるのは今後も日本では増加するというのが私個人の結論になります。

関連記事
建設業における動向と課題とは?

Continue Reading …

エンジェル投資家は評価を比較して選ぶことが重要だと光本氏は考える

光本勇介氏などのエンジェル投資家は近年非常に頼りになる、新たに事業を始める際のパートナーと注目されている存在です。
これまで起業をする場合には銀行などに融資を申し込み、その事業性を正当に評価してもらうことが重要であるとともに、返済期日に返済を行わなければならないことから、期限付きの資金を入手することになるため非常にハードルが高いものとなっていました。
これに対してエンジェル投資家はほぼ無条件で金銭的な支援を行ってくれるものとなるため、安心して起業をすることができると考える人が多いものです。

エンジェル投資家は本来起業家にとって天使のような存在

エンジェル投資家は本来起業家にとって天使のような存在であり、必要に応じて様々なサポートを行ってもらえるものと考えている人が多いのですが、最近ではこのような形で起業家の支援をすると言う人が増えており、これが1つの新たなビジネスになっている傾向があります。
その多くは自らが事業を行い潤沢な資金を得たことにより、これを効率的に利用しようと様々な企業に投資を行っていると言うケースが多いものです。
しかしそのほとんどが事業を成功させた経験を持っていることから、投資を行う際にもあくまでも利益を追求する視点を持っていることを忘れてはなりません。
すなわち、新たな事業を始めようとする起業家に投資を行うことによって、自らも何らかの利益を得ようとしていることを意識することが必要です。

金融機関が新たな事業に融資をする目的

金融機関が新たな事業に融資をする目的は基本的には利息を含めて期日までに返済をしてもらうと言う形で支援をするものであり、最終的なゴールは返済日に利息を含めて返済してもらうことにあります。
そのため融資の審査の場合には返済能力があるかを中心に考慮することになり、事業の成功は二の次と言う場合も少なくありません。
そのため銀行が審査を行う場合には事業の将来性だけではなく、考えられる様々なリスクに対して効率的に対処を行う準備ができているか、そしてこれを行うことによって自らが提供した融資を返済することができるかが最も重要なポイントとなります。
この点を明確に説明し納得をしてもらうことで、銀行から融資を得ることができるのです。

エンジェル投資家の闇

しかし、エンジェル投資家の場合にはこのような明確な目的があまり表に出ないことが多く、そのために事業内容に賛同し好意的に出資をしてくれると考えてしまうことも少なくありません。
しかしその裏には自らの利益を得るための戦略が隠されていると言うことも多く、これが単純に株式の配当によって利益を得ると言う程度であれば良いのですが、事業が成功した段階でその事業を乗っ取り、自らのものにしてしまおうとするケースもあるので注意をしなければなりません。
このような策略を持つ投資家を見分ける事は非常に難しく、また事前にこのような人物を排除する事は困難であるため、選ぶ際に十分に様々な情報を入手し比較することが必要となります。
特に本人が自ら事業を行っていたときの様々な企業の評価や、従業員の意見等は貴重な情報となるため、これらを積極的に入手することも必要です。

出資を行う代わりにその株式を入手することを希望する

また多くのエンジェル投資家は出資を行う代わりにその株式を入手することを希望しますが、この場合にも十分に話し合いを行った上で適切な分配をすることが重要となります。
特に多くの起業家は自分を支援してくれる重要な存在と認識し、大量の株式を与えてしまうと言うことも多いのですが、この場合には様々な点で問題が生じる危険性があるので注意をしなければなりません。
将来的には株式の保有を分散し、公正に経営を行うことが必要となるため、この際に特定の人物が大量に株式を保有していると経営上大きなリスクを伴うことになります。
また新たに株主を募ろうとした場合にもその評価が下がってしまうことも十分に考えられ、バランスを欠いていると評価されてしまうことも多いので、注意をしなければなりません。

エンジェル投資家に成功した企業が乗っ取られてしまうパターン

実際に好意的な投資家の場合にはあまり大量の株式を保有することを希望せず、様々な面からの後方支援を行うことに徹する場合が多いので、このような実績を持つ人を選ぶことも重要なポイントとなっています。
エンジェル投資家に成功した企業が乗っ取られてしまうパターンは、それ以前に大量の株式を保有したり、もしくは経営面で重要なポストを要求してくると言うケースが多いものです。
このような傾向がある人物は過去にも様々な前例を持っていることが多いため、この点は十分に調査を行った上で選ぶことが必要です。
ほとんどの投資家は自らの成功体験をもとに好意的に事業を支援するスタンスを持っており、必要以上に経営に口出しをしたり、また株式の保有を望まないと言うことが少なくありません。

まとめ

アドバイスが必要な際に求められればこれを行うと言うスタンスを貫いている人が多いのですが、中には現在のブームに乗って利益を得ようとする人も多いので注意が必要です。
これを見分けるためには、様々な情報をいろいろなところから入手し、総合的に比較して決めることが大切です。

参考文献
エンジェル投資家 光本 勇介のポートフォリオ –

Continue Reading …