UNICEF東京事務所とはどんなことをしているのか?

『ユニセフ…UNICEF』と聞いて、テレビCMや街中での募金活動などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
UNICEFとは、「国際連合児童基金…United Nations Children’s Fund」の略称で1946年12月11日に設立された国際連合総会の補助機関として設置され、本部はニューヨークに置かれています。

日本も戦後15年間医薬品や食品などの援助を受けていた

設立当初は、国際連合国際児童緊急基金(United Nations International Children’s Emergency Fund)と称して、戦後の子供を主な対象援助とした活動をしており、日本もその対象国の一つで戦後15年間医薬品や食品などの援助を受けていました。
次第に活動範囲を広げていき、1953年に正式名称が現在のものに変更されました。
現在でも、発展途上国や紛争地域に住む子供たちを援助する支援活動を、積極的に行っている組織です。
UNICEFは子どもたちの権利の実現を世界的に推進している機関で、子どもの保健・栄養、安全な水・衛生、すべての男子・女子のための質の高い基礎教育、暴力・搾取・エイズからの保護活動を支援しているのです。
活動資金は全て、個人であったりビジネス、基金、政府からの任意拠出金から成り立っています。
また、児童の最善の利益のために行動しなければならないという子どもの権利条約「児童の権利に関する条約」の普及活動もしています。

UNICEFの組織図

UNICEFの組織図は、支部に相当する「事務所(UNICEF offices)」、途上国に存在して実際の支援に当たる「現地事務所(Field Offices)」と、世界の7つの地域にある「地域事務所(Regional Offices)」、これらを統括する「本部(headquarters)」、そして先進国に存在してUNICEF本体を支える「国内委員会(National Committees)」とで構成されているのです。
この中の日本の、地域事務所にあたるのが『UNICEF東京事務所』です。
渋谷方面から原宿・青山方面に行く際に青山学院大学の向かい側に国際連合大学がありますが、そのビルの8階に入っているそうです。
UNICEFと聞いてもピンとこなかった人でも、「あぁ、あのビル」と思った人もいるのではないでしょうか。

UNICEF東京事務所の概要

UNICEF東京事務所は、ユニセフ東京事務所「日本・韓国」兼任代表の執務室が置かれており、日本政府との政策対話を通じ、政府開発援助(ODA)による資金協力の働きかけおよび調整を行っています。
国会議員、国際協力機構(JICA)、非政府組織(NGO)等、様々なパートナーを通じて、子どもの権利やUNICEFの活動への理解と協力を促進する活動も行っているのです。
日本ユニセフ協会とは、共同運用しているなど協力関係もありますが、別の機関です。
財団法人日本ユニセフ協会は、前出の先進国36ヶ国と地域に存在している各国における民間協力の窓口となっている国内委員会に該当します。

民間からの募金は日本ユニセフ協会で受け付けている

民間からの募金については、ユニセフ東京事務所ではなく、日本ユニセフ協会の方で受け付けているそうです。
ユニセフ東京事務所は、ユニセフ韓国委員会やユニセフ日本委員会とは密接な協力関係でもあるのです。
UNICEF東京事務所は、「世界中すべての子どもたちに、公平な機会を」というUNICEの理念を基に、感染症対策・母と子の保健改善・教育・社会開発など分野での日本のODAとユニセフの連携促進、研究機関、学術団体、NGOとのパートナーシップ強化とプロジェクト支援、セミナーやワークショップなどの啓発活動、超党派の国会議員で構成されるユニセフ議員連盟のアドボカシー活動への協力などを行っています。

facebookやTwitterなどを頻繁に更新

facebookやTwitterなどを頻繁に更新しており、活動内容の報告や情報発信、世界の子供たちのさまざまな問題を発信したりしているのも非常に興味深いところです。
私たちの普段の生活の中ではなかなか知ることの出来ない、発展途上国や紛争地域の子供たちの生きる過酷な環境や、マスコミも大々的に報道しないような情報を得ることが出来るのです。

今、世界の子供たちに起こっていること、問題になっていること困っていることをリアルタイムで知れる貴重なSNSでもあります。
SNSが世界に浸透するにつれて、こういった情報がより多くの人に早く伝わるようになりました。
日本国内では、自然災害での被災地への支援活動であったり、世界規模では新型コロナウィルスがもたらしている影響やワクチンの普及状況と問題点などがあります。

まとめ

持続可能な世の中を目指す上で、私たちにやらなければならないことがたくさんあります。
世界中の子供たちの生活環境の改善や援助は、とても重要な役割を果たしているのです。
未来を築いていく子供たちへの支援は、地球の未来への投資でもあります。
何か自分に出来ることはないかと思っている人は、まずは情報を得て今何が起きているのかを「知ること」から始めてみるのがよいのではないでしょうか。

Continue Reading …

ローベッド特有のメリットはこんなにある

ローベッドにはベッドだけでなくインテリアとしての役割があり、視覚的におしゃれに見えます。
高さが低いので圧迫感がなく、部屋全体が広く見えるのです。
高さのある家具・家電などを設置していると、部屋が狭く見えてしまいます。
サイズがそれほど大きくなくても、高さがあるだけで圧迫感を生んでしまうのです。
ベッドにおいては面積が広いからこそ、できれば低いタイプがほしいところです。
解放感溢れる寝室を演出するために最高の存在でしょう。

➡︎ローベッドの人気商品一覧

お子さんにもローベッドは最適

お子さんにもローベッドは最適で、もしベッドから落ちてもケガをしなくてすみます。
お子さんは身体が小さいので、普通のベッドから落ちるとケガをしてしまう可能性があるのです。
ローベッドの場合は布団に近い感覚がありますから、落下の心配が大幅に軽減されます。
それが心の落ち着きにつながり、安眠を促してくれるのです。
睡眠は脳をリラックスさせるのが目的ですから、寝具には大いにこだわってください。
睡眠の質がよくなれば、生活全体の質にも影響してきます。

寝室の空間が広くなる

寝室が狭くて悩んでいる方は、不用品を片付けてみましょう。
ただしスペース自体に余裕がないのであれば、モノを減らしても狭く見えるはずです。
そんなときローベッドを導入すれば、寝室の空間が広くなります。
広く見えるだけでも精神的に楽になり、リラックスできる環境に変化するのです。
ソファのような使い方もできますから、一石二鳥と言えるでしょう。

身体が冷えにくくなる

高さが低ければ布団と同じと思うかもしれませんが、布団よりは高さがあります。
それゆえ地面を流れる風の影響を受けにくいのです。
床でそのまま昼寝をしたら、風邪をひいたという話は聞いたことがあるでしょう。
冷気は下に落ちていく性質がありますから、必然的に寒くなりやすいのです。
ちょっとだけ高さを確保するだけで、身体が冷えにくくなるのは大きなメリットでしょう。

部屋の雰囲気に合ったものを選ぶ

ローベッドはインテリアとよくマッチするので、部屋の雰囲気に合ったものを選んでください。
おしゃれな商品が多数販売されており、壁紙や家具の色調に合わせて選ぶ人が多いです。
リラックスできる空間を実現するには、部屋の雰囲気が大いに重要になります。
心が落ち着けば自律神経のバランスが調整されるので、体調が安定するようになります。

まとめ

体調不良に悩んでいる人ほど、毎日使用する寝具にこだわることが大切です。
睡眠の質がよくなるだけで生活リズムが健全になり、崩れていた体調が好転することは少なくありません。

Continue Reading …

iPhoneに発生した問題を修理で解決

エンターテイメントとしての楽しみを得たり、様々な思い出を記録する事はもちろん生活を営む上でも欠かせないのがiPhoneなので、普段とは異なる様子になった時には日々の生活の過ごし方に直結します。
そのように、常に手元に置いておき使用するからこそ日常生活の中で使用する機会が多い水に濡れてしまう可能性も高いですが、水に濡れてしまった時には正しい対処方法を講じる事が大切です。

iPhoneが水に濡れてしまった時

iPhoneが水に濡れてしまった時には、付着した水分を除去すべく水が留まりやすくなるカバーもしくはケースなどは迅速に外すようにしつつ、表面上に存在している水分は水気を吸い取りやすい素材の布またはティッシュで拭き取ります。
拭き取る時に大切なのはスピーカーや接続口など窪んでいる所も抜かりなく拭き取る事であり、拭き取った後は乾燥させる段階に移るものの乾燥時にはドライヤーを用いるのではなく、乾燥剤を使用して袋の中に入れておきましょう。
また、表面上の水分を全て拭き取ったとしても内部には引き続き水分が残っているため、電源をオンにしたりコンピュータなどには繋がない事もショートさせないために欠かせません。

落下させた衝撃で本体に傷が付いたり画面がひび割れてしまった時

そして、いつも手元に存在していたり手で触れる機会が多いからこそ手から滑り落ちて落下させてしまう事もありますが、落下させた衝撃で本体に傷が付いたり画面がひび割れてしまった時には速やかに修理に出しましょう。
落下させた衝撃で画面がひび割れているものの、他の機能は問題無く使用できる場合にはひび割れによる怪我などに気を付けながら、バックアップが取れるコンピュータなどに接続してバックアップを取っておくと、修理が完了した後に何も記録されていない端末に対して以前と同じデータが戻せます。

iPhoneの画面を直してもらう時に選べる選択肢

iPhoneの画面を直してもらう時に選べる選択肢として挙げられるのが、メーカーが展開している店舗の受付に依頼する方法やiPhoneのケアを展開しているお店などに持ち込む方法です。
メーカーが展開している店舗の事例では街中などにロゴマークを掲げたお店が存在しているので、アプリやウェブサイトを利用して予め修理の予約をしておけば対象の端末を持ち込んで作業に従事してもらえます。
他にも、家電を取扱販売している大手の販売店でも店内に専用のコーナーを構えて修理を含めたサービスの展開を行っている事もあるため、メーカーが展開している直営店に行く事ができない時には大手の販売店の中にあるコーナーを訪れてみるのも良い方法です。
さらに、修理を得意としている業者が行っているサービスを利用する方法では受付をしている業者数が多くて生活圏の中から選びやすいという特徴の他に、作業を完了して端末が再び使用できるようになるまでの金銭的な負担が小さいという特徴もあります。

参考記事
【大阪市在住 I.M様】お気に入りで愛用中のアイフォンXRを落としてがディスプレイが破損した修理事例とお客様の感想 – スマートドクタープロ梅田大阪駅前店

自らの手で作業を行い完了させる術も存在する

このようにメーカーの直営店やお店の中のコーナー、他の業者が展開しているサービスを利用する方法以外には自らの手で作業を行い完了させる術も存在します。
自らの手で行うという特性上、画面がひび割れている場合には画面を取り寄せる所から着手したり、バッテリーの交換を目的にしているのならバッテリーを取り寄せる所から着手する事になりますが、部品や道具を用意しておけば全てが自分のペースで行えますし構造などについても深く理解できるようになります。
実際にお店に出向いてiPhoneを持ち込んで作業を依頼する方法ではなく、自宅に居ながらにしてプロの作業によって修理を完了させたい時にはアプリもしくはウェブサイトなどを利用すれば、自宅に居ながらにしてプロの作業が受けられます。
アプリもしくはウェブサイトから申し込みを完了させると提携している運送業者が自宅に来てくれるので、専用の梱包材の中にiPhoneを入れると工場に送ってくれて完了すれば送り返してもらえます。

まとめ

以上、iPhoneが故障した際の注意点と選べる選択肢について解説してみました。

Continue Reading …