オンライン麻雀のメリットとデメリットについて

オンライン麻雀のメリットとは

近年では様々な原因がオンライン上で楽しめるようになってきました。
オンライン麻雀もその一つと言えるでしょう。

しかし何事にも言えることですが、当然のことながらメリットとデメリットがあるため、それらの両方を把握したうえで楽しむようにしましょう。

1.気軽に遊べる

オンライン麻雀のメリットとしてまず第一に挙げられるのは、気軽に遊べるということです。
マージャンは常に4人の参加者が必要とするゲームであることから、リアルで人数を集めて遊ぶとなるとやはりハードルが上がってしまうことでしょう。

しかしインターネットであれば距離に関係なく、だれとでも対戦することができます。
従来であればパソコン向けのサービスが多かったのですが、近年ではスマートフォンやタブレットなど、気軽に遊べるアプリが人気を集めています。

無料で提供されるものも珍しくなく、選択肢が豊富であることから、だれもが気軽に始めることができるでしょう。

オンラインでありながらも、リアルな画面が用意されていたり、点数計算が自動で行われるなど、快適なプレーにつながるといえます。
画面がリアルであるということは臨場感にもつながり、展開が面白くなれば、本当に目の前にいるかのような感覚にも至るかもしれません。

もちろんのことこれは錯覚にあたるものですが、現代では映像表現も進化を遂げているため、リアリティーのあるものを楽しむことができます。

2.点数計算もすべてコンピューターに任せることができる

そして点数計算もすべてコンピューターに任せることができることから、初心者でも楽しめることもメリットと言えるでしょう。
点数計算は、マージャン経験がある人であれば特に気にならないかもしれませんが、初心者であればかなりの手間になってしまいます。

このような場合でも、すべてコンピューター任せにすることができるので、純粋にゲームに挑戦することができるでしょう。
大手のオンライン麻雀サービスを利用すれば、初心者向けの部屋も用意されています。

このような初心者向けの部屋を利用することによって、同じレベル同士の人と基本から身につけることができるでしょう。
これまでは麻雀をやってみたいと思っても、周りの人のレベルが高すぎたり、それが原因となってなかなか勝てずに悔しい思いをしたことがある人もいでしょう。

3.短時間で少しだけ麻雀をすることができる

仕事が忙しすぎてなかなかたいプライベートな時間が限られてしまうという人も、短時間で少しだけ麻雀をすることができるのもメリットと言えます。
場所は自宅や外出先などを問わず、遊びたいと思えば、徹夜で夜通しプレイすることもできます。

何よりもスマートフォンゲームには課金要素がありますが、オンライン麻雀であればほとんどお金を使わずに遊べるのも魅力です。
ゲームの展開は記録としても残るので、振り返ってどこが悪かったのかを反省したり、そこから上達のヒントを見つけられるかもしれません。

オンライン麻雀のデメリットとは

そしてオンライン麻雀の大きなデメリットとして、インターネットを苦手とするベテラン層が薄いことが挙げられます。
インターネットの環境がなければプレイすることができないので、インターネットを苦手とするベテラン層が集まることは難しいでしょう。

気軽にいつでも遊ぶことができたり、相手の目を気にする必要がないことから、ゲームプレーの真剣さが薄くなってしまうかもしれません。
しかしだれもがマージャンの相手になることができる点は大きな魅力であり、これはオンライン麻雀が普及したからこその恩恵と言えるでしょう。

具体的な操作方法については、サービスによっても違いがあるかもしれませんが、操作ミスが発生しやすい問題があるかもしれません。
これは注意すれば回避できる点であり、そこまでデメリットにつながるとは言えません。